sblockの登録方法と運用方法

sblockも出金できることが確認できましたので、改めて登録方法を書きます。

はじめにsblockのアプリをこちらからダウンロードします。

ダウンロードしたあと、iPhoneの場合は以下の設定を行う必要がありますので、行ってください。

このあとデバイスの管理画面の上にある”●●を信頼”という箇所をクリックしたあと、表示されるウィンドウの信頼の部分をクリックすれば完了です。

次にアプリを起動して登録します。登録方法は以下のとおりです。

KYCが必須なので、名前の欄は必ず英語(ローマ字)で入力してください。
あと、sblockは招待制なので、招待コードも必須なので空欄では登録できません。

  • 招待コード FALSION0173

次に取引パスワードの設定画面になりますので、こちらは8文字から16文字のパスワードを入力して、次のボタンをクリックしてださい。

ここまでやれば、ログインできますので、ここから入金と投資をします。
やり方は次のとおりです。
入金

このあと、”お金を受け取る”という箇所をクリックすれば、入金先アドレスとQRコードが表示されますので、そこから入金してください。

このときも取引所から直接ではなくウォレットから入金したほうが届かないという事態を回避することができますので、ウォレットからの送金を推奨します。

投資方法

これでsblockの設定は完了です。

sblockは最低金額が20ドルからと低いですが、紹介報酬を受けるには300ドルが必要となりますので、300ドル以上を推奨します。

あと、sblockは始まって1か月でトークンのSBOが2倍以上なりましたので、少しでも早い時期に始めて、SBOトークンを多めに受け取れる状況を作ることをオススメします。

あとになってSBOトークンの価格が高くなってからだと、配当として受け取る数量が少なくなりますので、悠長に様子見していたらチャンスを逃すことになります。

私はこちらは少ない数量で原資抜きできるところまでホールドする作戦でいきます。