老後になくてはならないもの、

それはズバリ健康な身体です。

つい数年前までは健康管理なんてまったく興味ありませんでした。

もちろん、健康について考えることもありませんでした。大きな病気もなく過ごしていましたので、健康食品のCMとか見てもお金の無駄だろ的に思ってました。

しかし、2年前ぐらいから職場の健康診断でたびたび悪い箇所が出ていることや心臓に小さいながらも異常が見つかったことにより、健康がいかに大事なものなのかと思い知りました。

今は高齢化社会が進み、それがさらに進行する見込みで、人生100年計画という言葉が出るくらいになっています。

私は老後の生活の不安点を解決するため、様々な投資をやり始めましたが、それと同じくらい健康な体を作ることも大事だと思っています。

むしろ、そっちのほうがより大事かもしれません。

何故なら、いくら老後にお金があっても体が自由に動かなくては人生を楽しむことなんてできないからです。

仮に寝たきりにはならなくても、体を動かせる時間が短くなってしまえば、できることは限られてしまいますから、この時点である意味人生は終わったも同然といえるでしょう。

そうならないためにも、今は健康管理に自然と意識が行き始め、遅まきながら必死に何が健康維持にいいのか調べています。

顔や外 頭の一部は手遅れのような気がしなくもないですが、せめて体だけは老化防止をしたいと、切に願っています。