GSOMIAの破棄について思うこと

韓国がGSOMIAを延長しないという選択肢を取ったことに対し、私はやっぱりやったかと思いました。

何故、そう思ったかというと、日本政府は韓国がそこまでしないだろうと楽観していたからです。

振り返ると、はじめに日本がホワイト国除外という韓国がそこまでしないだろうと思っていたことをしたので、韓国がその意趣返しとして今回のGSOMIAの破棄に出るのはある意味韓国らしいうってつけの選択だったのではないでしょうか。

しかし、日本のホワイト国除外と違うのは、日本のほうはまた条件が整えばもとに戻すという選択肢を残している引き返すことができるのに対し、韓国のGSOMIA破棄は引き返せないというのが大きな違いです。

韓国が破棄するのをやめたと言えばいいですが、そんなことは天地がひっくり返ってもあり得ないので、この件はこれで終わりということです。

韓国がこのあとのシナリオを想定してやっているなら、それは凄いことだと思いますが、単なる意趣返しだけでやっただけのように思えるんですよね。

あと思いつくのが日本を慌てさせて、日本のほうかGSOMIAを延長してくださいと言わさせるのが狙いなのかというぐらいです。

それか単純に日本を困らせようというだけでやったのかという可能性も今の韓国はやりそうとか思ったりもします。

ただ、理由は何にせよ、この韓国の行動は日本の安全面にとって大きな脅威になることは事実です。

ヤフーニュースのコメント欄には、このコーナーの常連みたいなひとたちが、おめでとうとか、これで国交断絶だとか、さらなる経済制裁しろとか、民間の交流もなくせとか、日米安保で十分だとか好き放題言ってるのをみて、こいつら正気かと思いました。

このひとたちって、北朝鮮のミサイルがバンバン日本上空を飛来したり、日本海近郊に落ちていっても同じこと言えるんですかねえ。

こうなったとき、今度は戦争だとか普通に言いそうで、ある意味そっちが自分たちがイメージしている韓国と似たような言動しそうでなりません。

この件で私個人が日本政府にやってもらいたくないのは、GSOMIAの延長の交渉をしたいためだけで韓国に対話を持ちかけることです。

これこそ相手の思うツボですので、その件については韓国側の不利益な点を出して、こんな問題があっても延長しないんですかという感じで働きかけていき、向こうからなかったことにしてもらう展開を作るべきだと思います。

あと、今やってる輸出規制を正当な理由なく広げないようにすることも大事です。

これは安全面の措置というのが日本の大義名分なので、それをぶれることなく貫く必要があります。

それと同時に今ある自衛隊の能力と日米安保を最大限に活かすような方策を打ち出して、来るべき最悪の想定に早急に備えることも忘れないでもらいたいと思います。

こうなってしまった以上は、ある程度どうなるか様子見するしかありませんので、私は冷静に成り行きを見守ります。