三剣が使っているバイナリーオプション

バイナリーオプションは、単純に上がるか下がるかを選択するものなので、深い知識は必要ありません。

よくエントリーするタイミングとか、シグナルがどうとかいうはなしがありますが、それを実践しても必ずうまくいくわけではありませんので、個人的に私は気にしなくていいと思っています。

私の中では、バイナリーオプションもFXも当たるか外れるかのギャンブルと同じだと思っていますので(笑)

そんなギャンブル気質の私が使っているバイナリーオプションがハイローオーストラリアとファイブスターマーケットです。

ハイローオーストラリアのいいところは、ビットコインで入金できる点とビットコインでの入金であれば最低入金額が5000円と低い設定になっている点です(銀行やクレジットカードだと10000円からになります)

あと、出金については指定されている時間内であれば、当日に出金できるのもいいです。

配当型ウォレットをやってる側としては暗号通貨の入金に対応しているのは、とてもやりやすいので、同じように暗号通貨での投資をやっていたらオススメできます。

ファイブスターマーケットは、暗号通貨の組み合わせがあり、そちらは土日でもできる仕様となっていますが、配当が低いので私個人はしていません。

ここのオススメは、WowFXというトレードで、これはFXとバイナリーオプションを組み合わせたようなもので、金額を決めて上がるか下がるか選択するのは通常のバイナリーオプションと同じですが、判定期間が最大2週間あるのとFXでいうレバレッジがあることが大きな特徴です。

ここでのレバレッジは、小さくすると掛け金が2倍になるまでの価格と0円になる価格の幅が大きくなり、レバレッジを大きくするとその幅が狭くなります。

0円になるのを極力さけたい場合はレバレッジを低くし、早く2倍になる価格を目指したい場合は高めに設定することになります。

ベースがバイナリーオプションなので、賭けた金額以上の損失はでませんので、普通のFXみたいに急な価格変動が起こっても想定外の損失はでません。

ただし、逆に儲けも掛け金の2倍までなので、一気に数倍の利益がでません。

この点は一長一短といえますが、最大判定期間の2週間という期間を活かしてある程度プラス推移になった時点で利確する戦術を繰り返しコツコツ増やすことができます。

掛け金が大きければ、途中で利確した場合の利益も大きくなりますので、私は配当型ウォレットの配当は厚めに入れて実践しています。
ちなみに最低入金額は10000円からとなっています。

どちらも海外業者ではありますが、サイトは日本語に対応していますし、サポートも日本語対応になっていますので、登録や入出金でつまずくことはまずないと思います。

また、どちらも条件は異なりますが、新規登録するとそれぞれ5000円のキャッシュバックキャンペーンがありますので、これを利用しない手はありません。

ちなみに条件が低いのはハイローオーストラリアなので、どっちか一方しか始める資金がない方はハイローオーストラリアのほうがいいかもしれません。

専門的な知識不要で、数字的な的中率だけなら競艇よりも高いはず(はず?(笑))なので、これも早期の原資回収の手段として十分ありと思います。

ハイローオーストラリアの登録はこちらから

ファイブスターマーケットの登録はこちらから