変えたい現実

8月に入り、今の仕事(部署)が心底嫌になり、半分本気で退職を考えています。

とはいえ、家族や今後の生活のことがありますので、いやだからすぐ辞めてやるっていう短絡的な動きはできないわけで、そうなると数年は我慢するしかないのが現実です。

自分の年齢を考えると、定年後に違う職につくことを想定する時期にはなっていると思いますので、それを前倒しするようなイメージで考えています。

少なくとも定年して、今の仕事を再雇用で入ろうという気はさらさらないです。

でも、自分の職場は安定がウリの職場なので、近年は定年後の再雇用を希望する人間がほとんどだったりします。

これって、少子化の流れで、こういう再雇用が活用しないといけないのはわかりますが、正直どうなのかと思うところもあります。

何故なら、その分新しい人が加わる余地が減って、古い人間が居座ることによって古い風習や体質が続くからです。
こうなると、組織の活性化が失われますから、かえって悪循環に思えてしまうんですよね。

しかも、この手のいつまでも居座るタイプの中には、昔それなりの地位にいて、自分の思うまま好き放題していた輩もいて、過去の権力やコネを傘にきてやりたい放題しているのを間近で見ていますので、この再雇用制度はどうなのかなあって正直思います。

そんなこんなで、私は嫌気がさしているのと、今なら増員要員としているだけで、仮にいなくなってもまったく影響しない点を考えると、無理している必要はないかなと思い始め、少し早い定年準備に入ることにしました。

その先駆けが登録販売者の資格取得ですが、個人的には在宅ワークでも使える資格も欲しいところで、登録販売者が無事取れたら次の資格をと考えています。

あとは可能であればアプリ制作や文章関係の外注受けの実績を増やしたいのもあります。

3年計画という意識で取り組もうと思います。