智也の新たな年は、ある約束から始まった。 その約束を果たすため、智也は神社の鳥居の前に立っていた。いつもは閑散としている境内も、今日は人だかりで賑わっていた。 「智也さーん」 黄色の着物を身にまとったみなもが、小走りでこ […]