澄みきった青空に抱かれた公園に、たおやかな風が吹いていた。冷たいが、とても優しい風の中、みなもは憧れの先輩と肩を並べて歩いていた。今日はみなもにとって特別な日だった。今までずっとずっと夢見ていたことが現実になったのだから。
「智也さん、今日は付き合ってくれてありがとうございます」
「ううん、こっちこそスケッチできる場所をうまく案内できなくてごめん」
智也と呼ばれた少年は申し訳なさそうに謝った。さっき案内した商店街のことを気にしているのだ。
「そんなことないです。絵が描けなかったのは私が悪いんです。それに…私は智也さんとこうして歩いているだけでとても嬉しいです」
みなもはそう言うと、顔を真っ赤にさせた。そう、ただこうしているだけで十分だった。
自分に残された時間は少ない。消えかかるロウソクの炎のような時のなかで、好きな絵を描いたり、大切な人と思い出を作ったり…炎がいつ消えても後悔しないように今を精一杯生きることが、みなもの強い願望だった。
「俺もみなもちゃんと一緒にいるだけで楽しいよ」
智也の顔に笑顔が戻る。
「そ、そうですか。嬉しいな…」
みなもも微笑む。
「それじゃあ、絵の描ける場所を探そうか」
「はい」
みなもは智也と一緒に公園をくまなく歩いた。ちょうど銀杏の木に挟まれたベンチの前を通りかかった瞬間、みなもは足を止めた。
「ここがいいですね」
みなもは智也が持っていた自分の画材とキャンパスを受け取ると、生き生きとした表情で絵を描く準備を始めた。
「智也さん、そこのベンチに座ってください」
「あ、ああ」
智也は言われるままベンチに座った。
「あ、もう少し右に寄ってください。うん、そこです。そのまま動かないでください」
みなもはすぐスケッチに取り掛かった。右手に持ったペンが白いキャンパスの上で華麗に踊る。モデルとなった智也は、舞い落ちる銀杏のシャワーを浴びながら、生きたまま石像と化した。どれくらいたったのだろうか。ようやくみなもの手が止まり、それを見た智也がベンチから立ち上がろうとした瞬間、
「待って!まだ動かないでください」
みなもに制止された智也は訳の分からないまま、ふたたびベンチに腰掛けた。みなもは智也のそばに近づき、じっと見つめた。あんまり見つめるので、智也は恥ずかしくなって落ち着きを失った。
「もういいですよ」
みなもの言葉に智也の体中の力が一気に抜けた。
「いったい何をやってたんだ?」
「へへっ、私の心のキャンパスに智也さんを描いてたんですよ」
「心のキャンパス?」
「そう!心のキャンパスです!今日のことを忘れないために描いたんです!」
みなもが力強く言い放つ。
「そうか…じゃあ、俺も心のキャンパスにみなもちゃんを描こう」
と言って智也はみなもを見つめた。
「智也さん…そんなに見つめないでください。恥ずかしいです…」
「駄目だよ。よく見ないと、いい絵が描けなくなるから」
「もうっ、智也さんの意地悪」
怒ったような困ったような複雑な表情を見せる。
「よし、描き終わったぞ」
満足そうにうなずく。
「ちゃんとうまく描いてくれましたか?」
「もちろん。これは俺の最高傑作だよ。きっとモデルがいいおかげかな」
「フフッ、智也さんたらっ」
みなもは口元に手を当てながら笑った。
「みなもちゃん、そろそろ帰ろうか」
「はい」
智也とみなもは暗くなりはじめた公園を後にした。
「智也さん、見て。一番星が出てる」
「本当だ。もう日が暮れるなんて、時間の経つのは早いな」
智也はみなもが指さした空を見上げた。
「本当にそうですね…きゃあ!」
突然、みなもが小さな悲鳴をあげ、倒れそうになった。空に気をとられるあまり、小石につまずいてしまったのだ。
「危ない!」
智也はとっさにみなもの華奢な体を自分のほうに引き寄せた。
「大丈夫か?みなもちゃん」
「はい…」
智也の胸の中でみなもは小さくうなずいた。
「あの…智也さん…その…もう少しこのままでいいですか…」
「…ああ」
智也はそっとみなもを抱きしめた。
(神様、もし許されるのなら、一秒でも長く智也さんのそばにいさせてください。
私は…みなもは心のキャンパスが全部埋まるまで智也さんといたいです!)
みなもの瞳から一筋の涙が流れた。