梅見月疾風君に描いてもらったメモリーズオフの伊吹みなもちゃんです。
当時運営していたサイトの10000HIT記念として描いてもらいました。

この頃の私はみなもちゃんLOVEでしたので、速攻でみなもちゃんのウェディングドレス姿を描いてとお願いした記憶が、あります^_^

みなもちゃんは私の嫁って感じだったと思いますσ(^_^;)

みなもちゃんが仮に生きていたら、こういうウェディングドレスを着て、幸せな家庭をという未来地図もあったでしょう。

そう考えると、その頃の私はそういう未来のみなもちゃんのサイドストーリーを思いつかなかったのは何故なんだろうってふと思いました。

多分、みなもちゃんには限られた未来しかなく、それに対してひたむきに向き合うことが彼女の真にあるべき姿ではないかと
私自身気づかないうちに固定観念を持っていたからかもしれませんね。

あるいは、智也君との結婚したみなもちゃんの未来が単に嫌だけだったかも…σ(^_^;)

このへんは今となっては、なんとも言えないですね(笑)

振り返ると、私のオタクの青春時代の中心にはメモリーズオフがあって、それがかけがえないものだったのだと今さらながら痛感しています。